カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

黒板消しを作りましょう!

 
黒板消しスマホクリーナーはこんな風に作っています

企業秘密をご紹介(=^_^=)
黒板消しスマホクリーナーの作り方にはいろいろありますが、当店ではこんな風に作っています。
参考になりますでしょうか?

※写真はSサイズ(幅1.8センチ×長さ3.5センチ)の作業工程です。
カッターマットの上で作業をしていますので、汚くてm(_"_)m ペコペコ
大きさはマス目を参考にして下さい。マス目は1センチ角です。

●本体です。
板の厚さは12〜15mm程度がいいでしょう。
本体の端っこはルーターでひと手間かけて加工していますが、もちろん無くてもOKです。
●革を貼る部分を少し小さくしておくと、貼ったときに本体と段差ができなくなります。
この作業は難しいので、上下を別パーツで作って貼り合わせてもいいですね。
塗装も革を貼る前に済ませておきます。
●一層目のスポンジは、厚さ5mmのやや硬めのスポンジを貼ります。

●二層目のスポンジは5mm程度の柔らかい物を貼ります。
軽く接着しておくと、良いでしょう。両面テープでもOKです。



●革を貼ります。
片側を固定しておいてからスポンジを押さえつけながら革を引っ張って貼ります。
革は伸び具合を確認しながらカットして長さを調整して貼ります。
接着だけでは少々不安なすべすべの革は補強に釘を打ちます。
釘は6mmを使っています。
●短辺を固定します。
革を折り返して強く引っ張って貼ります。
補強のため接着剤と併用して10mmの釘で止めます。



●取っ手には革やスウェード紐を使っています。
接着だけでは弱いので、釘を併用します。



●周囲にレースを貼って仕上げます。
最後にヒートンをねじ込みストラップパーツを取り付けて、はい完成!


※いろいろ工夫しながらクラフトをお楽しみください。
黒板消しのスマホクリーナー